ぷもも園

GABANダディー

ぷもも園の中熟年十番勝負(第一回、「中年離婚組」)

 新企画としてこのようなタイトルのコーナーを初めてみました。

 

内容としてはBB素材淫夢wikiでまとめられていないようなマイナーな中熟年ビデオを十本視聴し、それに関する寸評を付すというものを予定しています。

 

既に何本かの作品を視聴したのですが、注目されていない作品だからと言ってつまらないということはなく、無加工の本編でもかなり面白いものが散見されました。

 

そしてこの中熟年というジャンルの奥の深さを改めて実感しました。

 

それらの眠っているキャラクター達が日の目を見る日もそう遠くはないのかもしれません。

 

また、もしかしたら私がこれから紹介していく作品群の中から近い将来、現監やダディーのような一線級のキャラクターと肩を並べるような人材が現れるかもしれません。

 

素材探しは地道な作業です。阿鼻叫喚の映像と音声に圧倒されなんども心が折れかかりました。

 

しかし苦労が伴うのは当然です。我々はこの豊饒なるホモビの大地に光り輝く一個の原石を彷徨っている

 

燦然と光るダイヤモンドの原石はもしかしたら一つもないかもしれません。しかしもしもその原石をたった一つでもこの手で探り当てられたのならば、これに勝る幸福はないでしょう。

 

 

 

今回ご紹介する作品は「中年離婚組」メーカーは泣く子も黙るサムソンビデオ。

 

登場するのは二人のモデル。

 

一人はクロちゃんと武田信玄淫夢)を足して2で割ったような独特の風貌を持つキャラクター、もう一人は某真面目部長を15歳くらい若返らせたような感じといえば伝わるでしょうか。

 

50分の作品のうち、序盤の数分はちょっとしたインタビュー。とはいえ身長や年齢を聞くのみなのでほとんど素材としては使い道がありません。

 

その後の本編について面白かった点を箇条書きにします。

 

・無音なのがシュール。特に武田信玄が無声なのはおろか表情が真顔なのでそのシーンはかなりシュール。

 

・苦しいを連呼する武田信玄。うまく編集すれば難病かなんかで苦しんでると言ってもバレないかもしれないレベルの迫真さ。

 

・真面目部長似のモデルもシュール。40:00あたりの小声のシーンは余計に。

 

以上のようにこの作品の本編の面白さは総じてそのシュールさにあると思われる

 

最後の5分(その後にも謎の映像が7分くらい続くが)は武田信玄のインタビュー風。

 

速度違反で東京拘置所に入れられたエピソードを披露

 

そこで起きた出来事に関しての供述は一見の価値あり。

 

 

 

総括

それなりに面白いとは思ったものの、一軍になり得る勢いは見受けられませんでした。とはいえそのシュールさは屈指のもので、その独特の雰囲気が好きな一定数の視聴者からは支持を得られるに違いないと言えそうです。