ぷもも園

GABANダディー

だでゐ怪文書

 

 

 「アナーディー博士へ」

 

 アナーディー博士はどこへ行ってしまったのか。オレモイッチャウという奇妙な留守番電話を残して、嵐の夜に失踪した、敬愛すべき我らが博士の行方を、私は知らない。シーチキンは影である。空虚な、全く合金おちんちんを備えない、一つの缶に過ぎない。すべては虚無である。ジャッキーチェン?ジャッキーチェン!私は街角で失ってしまった私の半身(それはガバ穴ダディーを想起させるには確かに十分でっぷりと太っていたしまた太マラのねだり方とてまさしく彼そのものであった。そして何よりの証拠に指が三本入るほどのガバ穴の持ち主であった!)を求める。ガバ穴は飢えている。ガバ穴は餓えている。しかし大きいおちんちんは決して彼の太鼓腹を満たさない。ましてや島田部長の奇妙な驚きのうちに醸された酒や御大層な顔叩きの儀式で射出されたに汁物に関しては・・・わざわざ言うまでもなかろう。私は彼を探しに、191919191919419時間という時を街角で送る。死、死、死。あはは、楽しいじゃありませんか。死、死、死。ダディーは俺を妊娠している。いや地球全てを、宇宙を、全てを妊娠している。ガバ穴ダディーとは誰なのか?それは我々自身のことである。

 

 

 「Dear My Loose Hole.」

 

ホールさん、ギャバスホールパパ、ゴーストストリートのお父さん。お元気ですか。私は今フィリピンにいます。無っ休ん!で細い鯖缶野郎をギロチンチンするお仕事をしています。手取りは細いけど、まぁなんとかインポ部長の粗ちんちんしゃぶりながらやっています。あと趣味でこの国を南北に貫くおまんこの建設に励んでいます。おまんこを国家的規模で開発するには、まずめっちゃでかいディルドが必要ってのはわかりますよね。このディルド、実はあったんですよ、ジャパンに。大奥ってところで使われてた昔風に言えば両張型ってやつで、これを地中にズブリと挿入するとあら大変、ガバ穴が掘れちゃうっていうチョー優れものです。二人分をずるずると入れられるのですから、フィリピンの大地くんはもうたまらないと思います。やっぱり日本はスゴイ!サムライ、フジヤマ、ガバ穴ダディー。日本にはまだまだ沢山の知らないものがあると思います。そんなこんなで同窓会には行けません。でもちょっとだけ音立ててしゃぶってるふりをします。私の作るガバ穴もいつか誰かの合金おちんちんを気持ちよくinできると信じて。

 

矛盾について

 

矛盾っていうのはこっちのちんちんは誰でもイかせるって言ってんのにオレの穴はガバガバで誰でもイかせるとか言っててよくわかんないやつです。島田ホールドされてオレもイッチャってるので証明失敗ですすみませんでも二対一でずるいです。(ガバ穴ダディー教授東風説より)

二対一でずるいですほんと好きすぎておすぎになっちゃいました。

 

 

 

「加賀のガバい父ちゃん 」

 

 

原作:島田洋七に似ている教師

 

昔むかし加賀・・・に尻穴(全身に分布)のたいそう緩い親父がいました。あまりにも緩いので村人は緩次郎と呼んでバカにしました。緩次郎には兄がいました。それは前作主人公・太アナおじさんこと緩太郎ですが、お尻の穴に細菌入っちゃっておまんこがどうにかなって太いのも細いのも入んなくなってあっけなく死んでしまいました。(ちなみに補足ですが緩次郎兄弟は尻から水分その他を補給するので、死活問題なんです。)緩次郎はそれから一人暮らしになりました。

 

その頃加賀を治めていたのは悪名高き暴君島田で、このアンアンイヤンと喘ぎ声がオネェでうるさいデブでメガネの視聴者萎えさせ親父は村を巡っては様々な無理難題を吹っかけて「ご褒美はギロチンチンやど?」と言って村人を皆殺しにするのでした。さて島田は緩次郎の村にもやってきてこう言いました。

 

「おちんちんを喋らせろ」

 

黙り込む村人をよそに緩次郎は答えました。

 

「俺が、言っちゃう。」

 

「ちょっと待っときや、(発表会場に)大きいの入れてやるからな。喜ぶんやど?」

 

 

 

さて当日。島田と数千万の観客のもと、緩次郎は武道館のど真ん中でおちんちんを喋らせる運びとなりました。おちんちんに寄せられるマイクたち。おちんちんは何を喋るのか?性器の瞬間が近づいていました。静まり返る群衆。響き渡る島田のガムクチャ。全裸の教師。そして画面にドアップで映される、マイクに囲まれた緩次郎の薔薇の蕾のようなおちんちん。

 

「・・・」

「・・・」

「あ・・・あ・・・・」

「あの話題の映画見た?見てないの〜?ヤバイよそれ、わたしの周りとかみんな見てるんだけど、え、島田さん見に行かなきゃダメだよ、わたしチケット持ってるからさ、言ってきなよ、わたしなんかもう80回くらい見てるけどもう見るたび見るたびに感動しちゃってね〜、あとサロンとか興味ない?結構ためになるし色々アドバイスとかもやってくれるらしいよ、それから・・・」

 

島田の顔が青ざめて行きました。

 

「おちんちんが・・・プペルのダイレクトマーケティングやってるわ・・・」

 

一斉に逃げ出す人々。そして武道館には裸の緩次郎と山のようなマイクが残されました。

 

世界にはもう誰もいません。でも5Gで上も下も満々腔と繋がってるんで、世界中の街のモニターにはプペルを語り続ける緩次郎の可憐なおちんちんの映像と音声が流れ続けたのでした。

 

おしまい。

 

 

 

GAFA穴ダディーに気を付けよう」

 

 

GAFA穴ダディーとは以下の5大企業をまとめた略称です。

GABAZON (コックリング通販最大手)
Ayeen (淫乱ダディー専用SNS)
Facebookake (顔叩きの儀式サービス)
Archer (シーチキン太さ比べ協会)
ガバ穴ダディー(普段は真面目で優しい教師)

 

これらは最高出力を出して個人情報をおねだりする淫乱フルスロットルの団体です。

普段は涼しい顔で清潔に本業に専念していますが、男の前では大きいビッグデータしゃぶりたい…データしゃぶらしてくださぁい?と卑猥な言葉で太データをおねだりして二人の男を相手に性交に励む淫乱企業群に大変身!

あなたの個人情報もたぶんもうGAFA穴ダディーに音立ててしゃぶられちゃってると思います。

しゃぶられたくらいでどうなるんだよっていうと、自宅にガバ穴ダディーがキチャゥゥゥゥィィィィィイイイイイイ!!!ということになります。寝静まった夜、ふと気が付いたらでっぷり太った豊満パパが枕元にいるかもしれません。ま、GABAには安眠効果がありますから、それはそれでありかもしれません。

 

 

「 ガバ穴ダディー海外の反応」

 

 

すごくガバガバな穴だね。指が三本入るなんてビックリさ!ところで彼女には肛門が見当たらないようだけど、どこにあるんだろう?
(オッパリヤ)

 

締まりは悪そうだけど、すごくいやらしい穴だよ
(浅草)

 

サムライ、フジヤマ、ガバ穴ダディー。ニッポンはなんて素晴らしい国なんだ!

(貫地町)

 

キショい・・・
(エチオピア)

 

ダディーは91kgとのことですが、私の体重は105kgです…(謎マウント)
(ケツマン朝)

 

緩さん太いわぁん
(フィリピンか?)

 

後半の奇声で従軍時代の阿鼻叫喚の野戦病院思い出してブルッちゃうよ…(PTSD)
(グラジオ)