ぷもも園の部屋

ぷもも園ぐえげ擬音萌えちょっちょっチャッさ

喜ぶん宿に行ってきました

 

喜ぶん宿に宿泊してきたのでレビューしていきたいと思います。

 

喜ぶん宿を知ったのはツイッターのプロモーション経由でした。

 

プロモーションによれば、どうやら「いっぱい気持ちして」をキャッチコピーに客が気持ちよくモコモコになれるおもてなしを売りとしている温泉宿のようです。

 

インターネットでレビューを調べると

 

「温泉が気持ちいい×食事が美味しい=(リピーター化を)我慢できない!」

 

など好評、絶賛!するコメントが寄せられていました。

 

良さそうなので早速電話を掛けて予約を取ることにしました。

 

電話に出たのは女将と思しき人物でした。予約を取りたいという旨を伝えたところ空きが多いので予約無しでも利用できますとの回答。予約無しとかいくらなんでもガバガバすぎる気がするんですけど大丈夫なんですかね・・・?と不安を抱きつつ、一泊の宿代を聞いたところ「19,419!」との答えが返ってきました。

 

決して安いとは言えないものの有名温泉地であることを考慮すると妥当なところでしょうか。

 

ちなみにこの価格でも女将曰く「(金額)引く引くしてる!」とのことです。

 

 

 

当日、喜ぶん宿に到着しました。思ったよりも立派な建物で温泉宿の風情も感じられました。

 

出迎えたのは二人の中年。旅館の前で二人に並んでもらって記念写真を撮りました。

 

f:id:kumohai6794re:20190123203524j:plain

 

左が緩次郎さん、右が島田さんです。二人ともとてもビューティーでした。

 

どうやら島田さんの方が偉いらしく、緩次郎さんに色々と指図していました。

 

この旅館の名前も島田さんがつけたとのことなので島田さんは管理人的な立場なのかもしれません。

 

玄関のところには裕次郎とジャッキーチェンのサインが飾ってありました。緩次郎さんによると、二人ともこの宿の常連客だったそうです。

 

部屋までの案内は緩次郎さんがしてくれました。

 

部屋に着くなり「粗茶ん茶ん淹れてホ」と言ってお茶を淹れてくれました。とても美味しいので何のお茶か尋ねました。本人曰く「ちょっちょっ茶」だそうです。

 

部屋の後はこの宿の目玉である温泉に案内してもらいました。気持ちよくinできるような温度になっています。島田さんがよう沁みるように温度を管理しているとのことです。

 

実際に入ってみたところ気持ちよくてオヒリヒンでした。気持ちくてたまらぬので何度も入っちゃう入っちゃう入っちゃう!

 

 

 

夕食の時間になりました。この宿の食事は温泉と同じくらい評判が良いので楽しみでした。

 

緩次郎さんが持ってきてくれたのはなんと太いシーチキン料理でした!!!

 

 

f:id:kumohai6794re:20190123222913j:plain

 

「太いシーチキンいっぱいいっぱい入れてくださぁい?」

 

どうやら卓上コンロで熱しているらしく「火ー吹ーくー」という丁寧な注意喚起までしてもらいました。

 

太いシーチキン料理は喜ぶん宿の名物料理らしいです。業務用のため普通のシーチキンと違った非常にモコモコした食感が味わえ、美味しくスッチョムさせていただきました。

 

なお「パイパイパーイパパイニ゛チーチッチッチッチッチッチッチーズヲ」というメニューもあるようでこちらは自家製のパイでチーズと太いシーチキンを挟んだ料理だそうです。

 

そのほかに裏メニューとして「オッパゲ丼」という料理もあるそうですが詳細は不明です。

 

また、自家製の菓子も人気で料理長のコブラ三木谷さんが考案した銀色のドーナツが売れ筋だということです。

 

 

 

翌朝の朝食はこちらも名物のイカキムチ料理が出ました。

 

f:id:kumohai6794re:20190123224118j:plain

 

この料理もやはり直火で加熱する方式のようです。こちらも昨晩の太いシーチキンに勝るとも劣らない逸品でした。

 

緩次郎さんは食材選びに関して

 

「いっぱい日持ちして、日持ちよくしたい」

 

というこだわりを持っていると話してくれました。だからこそシーチキンやカップ焼きそばなどの日持ちの良い食材を多用しているらしいです。

 

また、最近ではこちらも日持ちのよい芋を利用したオッパ芋料理の商品化に力をinしているとのことです。

 

 

宿を出発する際には緩次郎さんと島田さんが玄関で見送ってくれました。緩次郎さんは「あーセンチメンタル!」と言って別れを惜しんでくれました。

 

 

 

以上で喜ぶん宿のレビューを終わります。風呂と食事がモコモコしているので19,419円払うだけの価値はあると思います。現状は利用者が少なく経営難とのことなのでこのブログを見てウァァ!!オレモイッチャウゥゥゥ!!!ウウウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥウウウウウウウウ!イィィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!とこの宿を訪問してくれる方が増えれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜アサオスを救え〜モーニングレス級中居三号戦記

モーレスター です

 

主な登場人物

 

中居さん・・・主人公。

 

ため息リーマン・・・昨日はしゃぎすぎて戦意を喪った兵員。基本的に主体性がなく中居さんに従うのみの存在だが、時折見せる冷静な分析が買われて一目置かれた存在。

 

セル二モン・・・こいつがセル二モンだ!!!!野暮ったい風体に似合わずその実は数々の殊勲をあげた歴戦の猛者。とりわけ神と呼ばれ常勝無敗を誇っていたヒカキンと互角に渡り合い和約を結んだ一戦は伝説とされている。

 

 

オゾリンナ・・・道中で現れる謎の女。ミステリアスな雰囲気から女神とも邪神とも。その正体や如何に!?

 

 

松岡修造・・・敵軍を率いる熱血指揮官。中居さんとは基本的に敵対しているが実は何か繋がりがある・・・?

 

あらすじ

 

事の発端は修造と中居さんの些細な諍いに遡る。中居さんが「おいしゅういも」との発言を繰り返したことに対して米食主義者の修造が「お米食べろ!」と勧告したことから両者の関係は悪化した。その後もたび重なる修造の注意を無視した中居さんは独自に品種改良した「なかいも」を開発するなど修造への挑発行為を繰り返した。修造は中居さんに対して最後通牒を提示したが中居さんはこれも無視。この結果として両者の間に戦闘が勃発するに至った。初めは「修造はオワコン」と発言し余裕を見せていた中居さんであったが修造軍に拠点であるアサオス高地を占領され戦況は一変する。この知らせを受けた中居さんはアサオスを救うためそして因縁の敵である修造と直接対決するために切り札である新兵器・中居三号を投入することを決意し、ため息リーマンとセルニモンを引き連れアサオスの地へと赴くのであった・・・

 

ほんへ

 

書く気が続いたら後で書きます。

 

緩次郎 ーその謎の系譜を追ってー【緩次郎学】

昨年にガバ穴ダディーの名前が緩次郎であると判明して以来、その名前に関する考察が話題となっている。ガバ穴から名付けられたド直球のネーミングがウケたのかそれなりに知名度が高くなってきており、その結果、同じ名を持つ歴史上の人物が発掘されるなどの新発見が相次いでいる。今回は筆者がネット上で見聞した情報を基に緩次郎という名を持つ人物たちの謎の繋がりについて軽く紹介したい。

 

本稿で扱う緩次郎は以下の三名である

 

・前田緩次郎

・高橋緩次郎

・緩次郎(ガバ穴ダディー)

 

まず前者2名に関して簡単に紹介しておく

 

前田緩次郎は加賀大聖寺藩第9第藩主前田利平の三男である。しかし、この緩次郎は系図に(1813-1814)とあるようにわずか1歳でこの世を去っている。時代背景を考えるとおそらく緩次郎は幼名であり、元服後に諱を送られるはずだったのではないかと思われる。

 

高橋緩次郎は明治期の「広島要塞司令官」 『歴代官顕録』にその名が記載されている。ちなみにこの本を記したのは井尻常吉という人物。井尻を止めろ。なおこの人物は石川県立図書館ホームページの石川県関係人物文献検索の人名リストに記載されており、石川県出身であると思われる。

 

この両者に共通するのは出身地が現在の石川という点である。

 

さらに三人目の緩次郎、ガバ穴ダディーにはなんと「加賀」という語録が存在する。

 

あまりにも汚い本編垂れ流しの音声のみと普通ならコアなマニアしか見ないような動画だが、その空耳の圧倒的な面白さからこの手の動画としては異例の45万再生を誇り、毎日欠かさずに聴くという視聴者も少なくない。問題の語録は2:18に登場する。コメントでも拾われており、比較的明瞭に発音されている。

 

 

これで三人の緩次郎が繋がった。この三人の人物は「加賀」を共通点として持っている。これは単なる偶然なのかそうでないのか。それは今後の緩次郎学の深化によって徐々に明らかになってゆくであろう。

 

以上のことからガバ穴ダディーを探している人達は優先的に石川県を訪れることをお勧めする。なおお隣の富山県越中爺ちゃんこと激ハメ爺ちゃんの出身地でもあるのでそちらと合わせての訪問も良いかもしれない。

 

 

ガバ穴ダディーって誰?名前はよく聞くけどそもそもどんな人なの?仕事は?年齢は?性別は?ぷももえんぐえげぎおんもえちょっちょっちゃっさの本当の意味がヤバい!調べてみました!

 

ウアア!2018年オワッチャッタア!!今年は2019(19191919419)年にナッチャウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!

 

 

そこで今回は平成最後に現れたある謎多き有名人について調べてみました

 

 

それがガバ穴ダディーです

 

 

ガバ穴ダディーと言えばニコニコ動画に数多く投稿されたMADで人気があり、一部の視聴者からは音圧と音量のやベーやつとの認識が定着しているようです

 

しかし一旦それ以上のことを調べ始めるとなかなか情報が得られず、普段は真面目で優しいユーザーですら「情報ちょうだい」と卑猥な言葉で情報をおねだりする淫乱ダディーに大変身!

 

そんなガバ穴ダディーについてイッパイイッパイ知りたい方のために調べたことをまとめました。喜ぶんやど?

 

まず職業について

 

 

ガバ穴ダディーの職業は教師であることがわかりました!

 

 

真面目そうな雰囲気なのでそれほど違和感がありませんね!

 

 

 

年齢は55歳

 

 

若そうな見た目なのでこの年齢については意外に思った読者の方も多いのでは無いでしょうか!?

 

そしてそして!

 

なんと本名まで明らかになりました!!

 

その気になる名前は・・・???

 

 

 

 

 

緩次郎

 

 

 

 

とても可愛らしい素敵な名前ですね✨

 

普通にゆるキャラみたいで可愛いと思います❤️

 

 

 

残念ながら性別は確認できませんでした・・・

 

一般的には男性とされていますがその一方でガバ穴ダディー女の子説を熱烈に支持する人々もいます

 

本編も見たのですがその性別を確証することはできませんでした

 

性別はどうであろうとガバ穴ダディーの可愛らしい姿には癒されること間違いなしです!

 

最後にガバ穴ダディーの有名なセリフについて考えてみました!

 

それは

 

ぷももえんぐえげぎおんもえちょっちょちゃっさ

 

です

 

非常に人気のある名言ですが、多くの方がこの台詞の意味を不可解に思われたのでは無いでしょうか?

 

そこで今回は人気の翻訳ツール

racing-lagoon.info

を使ってこの台詞の真実を突き止めました!

 

結果はこうなりました

 

昔、世界は一つにつながっていて、あたたかな光が満ちていた。
ぷももえんジェノバ細胞に侵されたぐえげ漆黒の闇ぎおん――『死神の声』と呼ばれた男鉄巨人の剣をへし折ったもえ…やはりこの世界にも…‼︎馬鹿な些かちゃっさ

 

この分析結果を以下のように分解し、解釈しました

 

・ぷももえんはぷもも園、すなわち楽園の一種である

 

・ぐえげをもう一度翻訳にかけたとこ「開闢より語り伝えられしぐえげ」とあることから世界の始まりより語り伝えられてきた、世界のシンボル的存在である

 

・ぎおんをもう一度翻訳にかけたところ「久遠の昔。世界に四つの希望が現れた。
純血種ぎおんそうだろうクラウドッ!!」とあることからこの世界の正統的な生物種が「ぎおん」であると考えられる

 

・もえは人名である

 

・ちょっちょっは些かという意味である

 

・ちゃっさは感嘆を表している

 

 

この前提を基にして本文を読解しました

まず「この世界」という表現から、冒頭部分のあたたかな光が満ちていた世界とは別の世界が存在することが暗示されています

 

そして元の世界にあたたかな光が満ちてい「た」という表現からその世界の破滅が暗示され、さらにこの世界にも・・・!という表現からは別世界である現在の世界でも同じ破滅が起きようとしていることがわかります

 

さらに「もえ」という人物と「死神の声」と呼ばれた男の二人が元の世界を破滅に追いやった張本人であること、そして今現在の世界にも現れ、同じ破滅をもたらそうとしていることが読み取れます

 

そしてその滅亡の一途を辿る世界の描写として楽園であったぷもも園の中の様子が記されており、そこでは世界のシンボルとして語り継がれてきたぐえげがジェノバ細胞に侵され、世界の純血種たる「ぎおん」が漆黒の闇に呑み込まれています

 

以上のことを大雑把にまとめると次のようなストーリーが浮かび上がってきます

 

 

元の世界が滅び新世界へと逃げ延びた主人公

 

しかしその新世界の楽園も滅びてゆく・・・

 

そして新世界の破滅は旧世界をも滅ぼした「男」と「もえ」の仕業であることが判明する

 

その衝撃的な事実に気がついた主人公が驚嘆する

 

 

という流れです

 

つまりガバ穴ダディーのこの台詞には二つの世界の滅亡が暗示的に描かれており、極めて重大意味を持つ暗号だったのです!

 

怖いねぇ・・・

 

 

ということで今回のガバ穴ダディー特集はここで終わりです。最後まで長文をご覧いただきましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガバ穴ダディーの生存可能性

ガバ穴ファンの多くがダディーの健康状態、特に現在生きているかについて心配する声を上げています。


13年前のビデオ発売当時は55歳だったので存命ならば現在68歳。普通ならまだまだ元気な年齢のはずです。


しかし、162cm、91kgというお世辞にも健康とは言い難い体型が災いして生活習慣病を悪化させ、既に亡くなっているのではないかという推測まで出されています。


そこで今回はインターネット上で発見した下記の寿命予想サイトを元にしてガバ穴ダディーが現在存命なのかについて調べました。

https://tool.stabucky.com/jumyo.htm



あくまでも予想なので結果として出された年齢よりも長生きしている可能性も十分に有り得ますが、結果がある程度の指標になることは間違い無いでしょう。


生きていることを願いつつもマジで亡くなってたらどうしよう…という一抹の不安を抱きつつ、設問に答えていきました。

f:id:kumohai6794re:20181201183118p:plain


1.身長 体重 公式データ同様に 162cm 、91kg


2.性別 男でしょ。ガバ穴ダディー女の子説の熱烈な支持者にも配慮して性別を女にした場合の寿命判定も別に出しました


3.可能性的に一番高そうなのでそれ以外


4.教師なので大学を出ている可能性が高い


5.公立高校の教師を想定。45歳の平均が740万円とのことなので600万以上


6.68歳なので多分もう定年になっているはずなのでそれ以外


7.後者を選ぶと寿命が短くなりそうなので前者を選択


8.前者を選ぶと寿命が短くなりそうなので後者を選択


9.あれほどのガバ穴でノンケとして結婚してる訳ないだろ!いい加減にしろ!持ち前のガバ穴に独居老人の寂しさが加わって昨日なんか漏れてたんだよ?


10.教師なのでデスクワークが多そう


11.ダディーが運動している姿を想像できないのでそれ以外


12.独居老人特有の孤独から幸せではなさそう。ただビデオでの笑顔を見るとそれほど不幸でもなさそうよってそれ以外


13.怒りやすくはなさそう。ホモ特有のせっかちなのであくせくしないタイプでもないと思う。それ以外


14.喫煙するダディーが想像できないので吸わない


15.真面目なんで受けてるでしょ(適当)




設問は以上で終了、いよいよボタンを押しました。ひとまず68歳以上であれば生きている可能性がかなり高くなります。1919191919419!!



f:id:kumohai6794re:20181201181301p:plain



あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛


66歳とか2年前に死んでるんですがそれは・・・


え?逝ったんか?(共演者の死に驚くしまぶー



ウワァオレモイッチャウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ‼︎(ダディーの死に絶望して後追い自殺




しかし悲観する必要はありません


我々にはまだ最後の手段が残されています




ガ  バ  穴  ダ  デ  ィ  ー  女  の  子  説


上記の設問の2の性別のみを変更したところ次のような結果が得られました

f:id:kumohai6794re:20181201181238p:plain



やったぜ。生きててよかった・・・


以上のことからガバ穴ダディー女の子説をとった場合、ガバ穴ダディーの生存可能性は高まります。


これからは女の子説を推していきたいと思います。

ドルガバ穴騒動について

イタリアの高級イカキムチブランド「ドルチェ&ガバ穴」は23日、サンダービデオ公式アカウントで、創業者でフニャチンの島田部長氏とステファノ・ガバ穴氏が淫乱ダディーに大変身する動画を公開した。

f:id:kumohai6794re:20181124235931j:plain

 動画では服を着ない両氏が並んでヒクヒクし、「全世界の太いシーチキンが欲しい」「今後はさらにヒクヒクしてるw」とぷもも語で大変身を誓った。動画の最後には、ガバ穴氏が「もう(炎上は)嫌・・・」とコメントした。

 ドルチェ&ガバ穴を巡っては、中国のインターネットに投稿した、コブラ三木谷がガバ穴氏を掘る動画広告に対し、「受けのオヤジがものすごく変態です。よがりまくりの欲しがりまくり!そこのところは良かったのですが、いまいち3人目の人が参加してきた理由がわかりません・・・。なんかストーリー性のものがあれば5にしました〜。」などとして中国国内で批判が相次いだ。

 

上海で予定されていた完全合体合金ショーがペロペロ舐めちされたり、太いシーチキン通販最大手の「ガバ穴集団」の通販サイトから細い鯖缶がスッチョムチョムスッチョムスッチョムされたりするなど、裕次郎の緩次郎化の動きが広がっていた。

ガバ穴ダディー体育教師説【緩次郎学】

前回の記事ではガバ穴ダディーの着ていた服が特定されました。

 

各方面からの反響が寄せられる中、次のような問題が浮き彫りになりました。

 

それはなぜ彼がこの服を着用するまでに至ったかという問題です。

 

新発見の事実に基づいて交わされた様々な議論では新たなガバ穴ダディーの解釈の手掛かりも数々生まれ、改めてこのガバ穴ダディーという作品の織りなす豊饒な世界に気付かされました。

 

今回はそれらの議論の中から生まれたいくつかの有力説について紹介していきたいと思います。

 

1. ガバ穴ダディー 体育教師説

 

私はこの説を初めて聞いたときに、非常に驚くと同時に深い感銘を受けました。

 

私の固定観念ではあの腹で体育教師はとても無理だろうと考えていたからです。

 

しかしオリンピックの服を着ているという事実が明らかになった以上、体育教師説の妥当性はかなり上昇したことは否めません。

 

さらに、実際の体育教師は実技をするケースがそれほど無いためダディーのような体型でも一応は務まる可能性があります。

 

さらにこの説を有力としているのは保健体育という科目の存在です。

 

ダディーがもし体育教師であるならば、保健体育の授業も受け持つこととなります。

 

ダディーにとってみれば実技の時よりもこの保健体育の時間にこそ真価が発揮できると言えそうです。

 

特に性的マイノリティーである自らの体験に基づき、少数者の存在を肯定し、寄り添うスタンスの性教育の授業は生徒たちの心によう沁みること間違いなしでしょう。

 

このような、少数者を尊重する姿勢こそが彼に対する「優しい教師」という評価と結びついているとも考えられます。

 

また、さらなる論考を加えた結果、以下のような仮説が導き出されました。

 

ガバ穴ダディーは保健体育の授業として自らの出演作を生徒たちに見せていたのでは無いか?

 

一見、荒唐無稽とも思われるこの説ですが実はきちんとした裏付けが存在します。

 

これはガバ穴ダディーの本編の尺と大きく関わっています。

 

「ガバ穴ダディー」の長さはちょうど1時間。その内の40分がダディー、島田そして途中から乱入するコブラ三木谷の三人が演ずるパートであり、残りの20分は4人目の独壇場となっています。

 

ここでまず起きる疑問はなぜこのような尺の配分をしたか、というものです。

 

一本のビデオとしてはかなり不可解な構成に思われます。三人のシーンを60分全部に収め、4人目のシーンは他のビデオに収録した方が良いと多くの方は考えるでしょう。

 

しかし、このビデオが学校の授業で使われていたとなればむしろこの不可解な構成は一転して自然なものとなります。

 

なぜなら授業時間を考えたときにダディーの登場するパートが60分では長すぎるのです。

 

仮に高校の場合を考えると、授業時間は1時間は50分である高校が標準的であり、尺が60分もあっては到底収まりません。

 

ところが尺を40分にすれば授業時間は10分残るため、その残った時間に感想を質問することができ、一つの授業としてうまくまとまるはずです。

 

つまりガバ穴ダディーは予め授業に使用することを前提としてビデオに出演したのかもしれません。

 

この授業はおそらく評判が良いでしょう。ダディーの何事も包み隠さず、真実を偽らずありのままに見せるという授業姿勢は、彼に対する「真面目」という評価とも密接な関わりがあるように思われます。

 

このように体育教師説は一見無理があるようで実はかなり有力な説だということが判明しました。とは言え「あんなビール腹で体育教師なんかできるわけないだろ!いい加減にしろ!」という意見も根強いため、この説だけに固執せず、他の説に関しても同様の考察が必要と思われます。

 

 

 

 

 

次の論題に移ろうと思ったのですがペンを握る穴がかなりヒクヒクしてきて指が三本入るほどガバガバになってしまったので本日はこの辺でおんもえさせていただきます。

 

中が気持ちよくモコモコのコタツに気持ちよくinしてこれから放送される「気持ちくてたまらぬモノマネ」を視聴しようと思います。

 

閲覧ありがとうございました。